Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

to me・・・

今の歳になって、「私」を祝ってもらうことなんて、誕生日以外で幾度あるものでしょうか・・・
写真の真ん中に座らせてもらって、皆から拍手してもらって、おめでとう~という言葉を頂く。普段そういう立場に立つことってそうそう無いので、とてもとてもこっ恥ずかしいものですけれど、そうしてくれる人がいるというのは本当にありがたいものだなって思います

1月も今日で終わり。我が第3子の誕生までとうとう秒読み開始ってところです。
今日、ちぃは学校から帰ってきて、「ママ!今日でJanuaryはLast Dayだよぉ~~!!」、「水曜日には39になって、次の水曜日には40だね!!」と言いました。なんだか暗号のような会話ですけど、39というのは妊娠39週目。40というのは40週目と言う意味です。40週になったら赤ちゃんが生まれてくるんだよと話したことがあって、それ以来、週数を40まで数えるのが楽しくて仕方がない様子。週数ごとに赤ちゃんが成長していく様子を描いたカレンダーが我が家にはあって、それを見て今が何週目かを知っては興奮。たかが4歳、ちゃんと理解しているかどうかは分かりませんが、そういう楽しみを味わっているところがすごいなぁ~って感心してしまいます。

週末になれば日本からばぁちゃんがヘルプに駆けつけてくれ、もぐ家はより一層出産ムードへ。ばぁちゃんが来てくれると言うことが決まって、何とも言えない安心感に包まれているもぐ家。一番安心しているのは、私は元より、もぐパパであることは間違いないのですが、一番「興奮」している人は、もちろんちぃ。ばぁちゃんが来たら一緒に寝てもいいかだとか、これをしたい、あれをしたいだとか、今から大変です。ちぃが独占してばぁちゃんが疲労困憊してはもぐ家一同困りますから、その辺理解してもらいたいところなのですけど、まぁ難しいかなぁ・・・


さてさてお腹のベビくん。君の名前はまだまだ決まっていませんが、皆がこうして祝ってくれているのです。どうかどうか元気一杯にこの世に生を受けて来てくれますように

私と貴方の健康を祈って、みなさんが作ってくれたケーキです

DSCF10370121.jpg

DSCF10490121.jpg

P10409920131.jpg


おそらくこれが人生最後となるであろう妊娠と出産。(たぶん・・・きっと・・・祈)
そう思うと、重たいお腹もなんとなく愛おしくなり、生まれてくる我が子が私にとって最後の赤ちゃんかなと思うと、抱きかかえる瞬間を想像するだけで感慨深くなってしまいます。妊娠中は辛い時期も確かにあるけれど、それを超える気持ちが今回はあるような気がします。私の体調が悪くて横になっている時には、4歳のちぃはたっくんの要求を母の代理となって解決し、まだまだ何もできないたっくんは、そんなちぃを心から信頼し、2人でいろんなことを解決し合あう姿も見られました。

来週中には生まれてくるはずのベビー。彼がすでにもぐ家にもたらしてくれているギフトはたくさんあって、そんな彼の無事を家族みんなが祈っています・・・

どうかどうか、元気に生まれてきますように。










子は鎹(かすがい)?!

昨年度から始めたチア。
シーズンも佳境に入り、週末はエクストラレッスンやらCompetitionやらで、家族一同相変わらずちぃのイベントに振り回されているもぐ家です。
来月は出産を迎え忙しくなるであろう1カ月。この状況をどうやって乗り切るかぁ~!(汗)って思っていたところ、世の中ってホントうまく回っていると思うんです。なぜか2月だけはCompetitonもエクストラレッスンも無し。この間に産まなくてどうする!!みたいな空白の1カ月。そんなこんなもあり、「絶対2月に出産しますっ」宣言を繰り返しているもぐです。ま、もちろん、それだけの理由ではないのですけどね。


親バカは私たちだけではなくて、人種を越えてどこも同じ。
このかわいい盛りの記念写真を残さなくてどうする!と、毎回のCompetitionでは、チームママさんがプロのカメラマンの写真をオーダーしてくれて、私はそれに便乗♪お値段も割り勘にしてもらえるもので、「格安」で娘の舞台写真をお裾分けしてもらい、有難い限りなんです。言葉の壁が無かったらねぇ~、色々と私もチームに貢献したいところですが(一応その気はあり)、「言葉の壁」&「妊娠」を理由(?)に、おんぶにだっこ状態。でも声を掛けてもらえるだけでもホント感謝です。


子どもごとで忙しくなっても、毎度のことながらこういう顔を見ると「仕方ないかぁ・・・」と。

100818Man-6925-_mjf6353.jpg

100836Man-6925-_mjf6368.jpg

100852Man-6925-_mjf6375.jpg

100912Ti-6925-tim_1617.jpg


動き盛りのたっくんを制御しつつ、ちぃの時間をコントロールするのって夫婦共々の共同作業。それで益々の「愛」が深まるかと言うと、そう言う訳ではないと思いますが・・・ とは言え、私だけでは絶対回りきれないし、出来る限りの範囲で仕事をコントロールして週末イベントに付き合ってくれるもぐパパのことを思うと、やはり「愛」は深まっているのか・・・!? 

もしくは私への「愛」ではなく、やはりこの人へ↓の愛なのか・・・

221026Kat-6925-am2_2433.jpg

101010Man-6925-_mjf6421.jpg


どちらかに軍配を挙げるのならば、、、、と想像するのは良くも悪くもあり、それは贅沢な想像であるので、ここは有難く、“家族愛”ということで決着を・・・

子は鎹っていう言葉はこういうところから来ているんでしょうねぇ~。

P10409690123.jpg

Baby Shower

お陰さまで毎日元気に過ごしています。
早いもので只今37週目に突入… いわゆる臨月真っ只中です。
周りのお友だちから、もういつ来てもおかしくないわねぇ~って言われるのですけど、いえまだまだ。予定日の2月9日まで踏ん張り通したいと思っています。
年末年始しばらく会っていなかったお友だちに会ってまず第一声は「おおきくなったねぇ~~!!」。そして、アメリカ人のママさん達が口をそろえて言うのは「えっ?37週でその大きさなの?!」と。「Tiny(小さい)!!」だそうです。うーん

予定日を間近に控え、ママ友さんたちがBabyShowerを開いてくれました。日本では馴染みのないこの制度。出産後は何かとゆっくり時間も取れないし、こうして出産前に、気の安らぐお友だちに囲まれて出産の無事を祝ってもらえるのは妊婦の特権。素敵な時間を設けてくれたお友だちに感謝感謝の気持ちでいっぱいです。


日本人として、「祝」の席を盛りたててくれる「お赤飯」。
DSCF10260121.jpg

みんなの手作りランチ。これ以上体重増やしてどうするなんですけど、今だからこそ許される…か?!
DSCF10450121.jpg

素敵な飾り付けでお部屋を飾ってくれたり…
DSCF10120121.jpg

手作りのダイパーケーキ☆まで用意してくれて…
DSCF10100121.jpg

センスの良さが光ります
DSCF10510121.jpg

ダイパーケーキををお家に持って帰って飾ると、赤ちゃんムードが一気にアップ↑↑↑
みんなの貴重な時間を割いて用意してくれたのだと思うと、本当に感謝の気持ちでいっぱいになるもぐです…


さてさて、今回開いて下さったBabyshowerの一席でゲームをしました。その中でも一番盛り上がったのがケーキの中の赤ちゃんを当てろ!!ゲーム。
ケーキの中に事前に赤ちゃんダミーを仕込んでおいて、その赤ちゃんが当たった人の元に、(本当の)赤ちゃんが舞い降りて来てくれるって言う訳です
なんともロマンチックな企画。「きゃー私の所に来てくれたわぁ~」なんて歓喜の声が上がるはずのこのゲーム。しかし、このゲームを行ったママ友メンバーは、我が家よりも大きなお子さんをお持ちのママさん達。メンバーのほぼ全員が、「いや!うちに来たら困ります…!!!」てな訳で… みんなある意味“真剣”に、「はずれ」のケーキを求めチョイス。
一斉にいただきま~す!の掛け声で、みんなはケーキの味を味わう前に、フォークでケーキをグサグサグサッ。自分の元に「赤ちゃん」が入っていないかを確認し、「あぁ~居なかったぁ~(ほっ)」と胸を撫で下ろすのでした(苦笑)
とはいえ、誰かの元に赤ちゃんは入っているわけで、幸運にも赤ちゃんが届いたママさんは既に3人の子持ちママ。「いや、本当に困ります… なのでお守りにしておきます」と大事に赤ちゃんを持ち帰り、旦那様にゲームの内容と、赤ちゃんの意味をご報告されたのですが、旦那様も低調にお断りされたとか…

幸運の赤ちゃんとなるはずだったダミーちゃん。
でもでも皆に楽しいひと時を届けてくれたことには違いありませんでした。
DSCF10550121.jpg



こうしてたくさんの人から祝福される我家の3人目。本当に幸せ者です。


あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
学校も4日から再開し、日常生活に戻ったもぐ家です。

昨年も色々とあった一年でしたが、今年は新メンバー追加ということで、また色々とありそうな予感。
体力がどこまで持つのか・・・もしくはBabyがその体力をもたらせてくれるのか・・・魔の2歳到来のたっくんを相手に、ぼちぼち頑張ります。

今回の年末は静かに過ごそう・・・って夫婦で話し合ったわけでもないのですけど、なんとなく、お互いにそういう流れを感じ、大みそかの夜は静かに“年越しそば”を食べて修了ねという雰囲気だったのですけど、私がふいに「元旦用のお餅をつくわ(ホームベーカリーにて作成)」と言ったのをきっかけに、「くるみ餅作れないかな・・」と言い始めたもぐパパ。私、ま~ったくやる気無かったので、殆ど相手にしていなかったのですけど、どうやら本人やる気の様子。勘弁してよぉ・・・と内心愚痴ったのは当然です(苦笑)

元旦用のお造りを買いに出かける私に、「クルミ買ってきて」と言い放つもぐパパ。「え?本当に作るの?」と思いつつも、どうやら本当に買ってきてほしい様子なので、仕方なく購入してまいりました。ご丁寧にネットでくるみ餅の作り方を検索までしてキッチンに持ってきたところをみると、どうやら「本気」の様子。


そんなこんなで、“静かに”年越しそばを食べた後、くるみ割り大会が始まりました・・・・


もぐパパ、くるみを割る。
  ↓
もぐ、くるみをほじくる。
  ↓
もぐパパ、きれいに中身を出さないと、口当たりが悪くなるので気を付けて!ともぐに指導!
  ↓
子ども、見慣れない光景にただただ唖然


そしてこのあり様。
DSCF11531205.jpg

大みそかのもぐ家は、くるみの殻で散らかり放題でした


でもここからが素晴らしかったところ。
もぐパパ懸命にくるみをすりつぶし、すりつぶし、、、、
そしてネットで検索した通りに味付け。

そしてそして、大みそかの日に一念発起してもぐパパが手掛けたくるみ餅は、無事に出来上がりました~☆
チャラ~ン
DSCF11541205.jpg

実はもぐ、こういうくるみ餅って初めて食べました。
もぐパパは幼少期の思い出の味だそうで、事あることに「くるみもち~」って言っていたのです。
それがコレ↑↑ 味付けしたくるみペーストをお持ちの上にかけて食べるのですけど、これがなかなか美味しい♪♪あっという間に無くなりました。

Good Job もぐパパ。


そうしてこうして、もぐ家の大みそかはくるみの匂いとともに幕を閉じ、新年を迎えたのであります。


今年は流石に気力の無さに負け、品数は少なかったものの、自家製お節を数品作成。
黒豆、ごまめ、なます、たたきごぼう、白みそのお雑煮。あとはお造りとお取り寄せのブリカマをグリルで焼いて、何だかんだと豪華な元旦メニューとなりました。
DSCF11571205.jpg


もぐパパがおとそを「ちび~っと」だけ注いでくれて、あぁ早く思いっきりお酒を飲みたい!と新年早々思いつつも、今年一年の家族の無事を願って乾杯です~~。


今年もどうぞもぐ家を宜しくお願いいたします。



2010年の終わり・・・

みなさんはどんな2010年をお過ごしでしたか?
ダラスで迎える4回目の年越し。この間に家族が1人増え、そしてお腹の中にもう一人。ダラスは私たち家族にとって、色々な面で意義のある地であることを日々感じます。

2010年はたくさんの方とのお別れの年でもありました。ここで出会う人たちは「奇跡の出会い」。大げさかもしれないけれど、日本を離れて過ごす数年~数十年という月日をここで共にする人たち。学ばせてもらうこともたくさんあり、周りの方の姿を見て励まされることも多々あります。
お別れも多かった分、出会いもたくさんありました。また色々な刺激を受けれた2010年だったと思います。
そして2011年、新たに5人家族となるもぐ家。家族一同、新メンバーとの出会いです♪♪
幸ある一年となりますように。


さてさて話題を変え、我が家に来たサンタさんのご報告。

イブは夜更かしをしたにもかかわらず、早く起きるもんですねぇ。そりゃお楽しみがあるからで。
クリスマスツリーの下へ走っていき、一目散にプレゼントを手に取るちぃです。
P10409141231.jpg

願い通り、お目当てのプレゼントがGET出来たようす。
P10409211231.jpg
今年のwishlistsは、プリンセスシューズと、お化粧セットでございました。


さてさてたっくんの方。お姉ちゃんに言われるがままに、中身を開封する彼。
なんだか好きそうなものが入っていると知ると、これまた必死。
P10409231231.jpg

たっくんへのプレゼントは、
P10409401231.jpg
ピックアップトラック。やっぱり車フリークの彼には、「車」が一番!
顔が真剣過ぎて少々怖い(笑)


こうして、親子(?!)にとって一年に一度のビックイベントは終了した訳であります。


☆来年もよろしくお願いいたします☆

«  | ホーム |  »

« | 2017-04 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

unimogu

Author:unimogu
*******************************
2011年2月6日、もぐ家に次男坊が生まれました。
想像もしていなかった5人家族。部屋の隅から3人の子どもたちの姿を見ているとなんとなく心温まるもぐです。
が、そんな穏やかなことを言っていられるのも今のうち。坊や2人が大きくなるにつれ、もぐ家のドタバタ劇嬢は激しさを増していく予感。

もぐ家のプリンセスちぃは5歳になります。相変わらず家の中で自分が一番偉いとどこか勘違いをしています。
長男坊のたっくん。未だ弟が出来たことを理解していない様子ではありますが、ベビーを踏みつけたりはしません。踏んじゃいけないって思ってるみたいです。頑張れもぐ家の長男!


「風が吹いてもしなやかな、柳のようにあれ」と、大木のようなパパ。
しかし風が吹くごとに根っこから吹き飛ばされるもぐ。
いつでもどこでもそこが舞台、プリンセスちぃ。
周りのことはお構いなし、マイペースのたっくん。
そしてみんなから愛されるベビくん。

そんなもぐ家のお話しです。

*******************************

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Irving Weather

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。