Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちぃの成長

昨年9月からパブリックのPKに通うちぃ。主に英語の勉強(ESL)を目的とするクラスで一日3時間だけの半日クラス。かれこれ通い始めて約半年。日数にしたら100日少々ですが(だって、何かにつけ休みばっかり~)、毎日とても楽しい様子で、帰って来ては今日の出来事をあれやこれやと報告してくれます。

先生にもお友だちにも恵まれて、いろんな面で成長している感のあるちぃですが、英語もかなり理解できるようになった様子。PKのクラスで主に使われているのは「物語」。そしてその読解のさせ方がとても新鮮。
一つの物語を、character(登場人物)、setting(設定)、problem(問題)、solution(解決)でとらえ、絵で描いたり単語を使ったりして理解させていきます。自分が幼稚園や小学校の時もこんな風に教えてもらったのかどうか・・・(もう忘れましたーー;)


そしてここまで成長しました

DSCF01290220.jpg

解約↓
I have a flower.  It is orange. It smells good.

だそうです。発音からスペルを想像して書くんです… そういう発想は中学校英語から初めた私にはまったくありませんでしたので、これまた新鮮です。日本語のひらがなは「発音=文字」。言葉で発するように文字を書けば文章になりますが、発音≠スペルが英語の難点。スペルは覚えるしかないのですけど、子どもはこうやって発音から想像してスペルしていくんですね~。

ちなみに絵は、ちぃがベビちゃんを抱っこしているところ。ベビの御顔の赤い点々は、発疹だそうです。(実際、乳児湿疹でお顔はブツブツです


そして先日、授業中にちぃが書いた作品がとてもcute♪だったからと、先生がわざわざコピーして私まで届けてくれました。それがこれ。

DSCF01870220.jpg

解約↓
I have a new baby.  My baby cries a lot.  I play with my baby.



千里の道も一歩から・・・
子どもの習得能力ってスバラシイ
私も水が吸い込むように英語を吸収したいもんです。

スポンサーサイト

とうとう

日本から応援に駆け付けてくれたばぁちゃんが帰国しました。
ちぃは、ばぁちゃんが帰ってしまったのが本当に寂しいようで、毎晩一緒に寝ていたばぁちゃんが、朝起きて部屋にいなかったのを見て、ベッドで泣いていました。


滞在の4週間、毎日美味しいご飯を作ってくれて、子どもたちの面倒を見てくれて、産後ここまで家族皆元気に過ごせたのも、ばぁちゃんがいてくれたからこそ、そして何よりばぁちゃん不在の間、日本で留守を預かってくれているじぃちゃんのお陰。本当にありがとうね。

昨日まで家の中にいたばぁちゃんがいなくなって、何となくお家の中はガラ~ンとしています。
たっくんが愚図って、同時にベビちゃんが泣いたら、すかさずばぁちゃんが手を貸してくれたけど、今日からはもう私しかいなので、どちらかが泣きっぱなしです。ある意味、今日から家族5人での生活の始まり・・・ がんばらねば。

3人姉弟、元気に仲良く育ちますように。

IMG_03790304.jpg


☆ Happy new birth ☆

さて早速ですが、無事にBabyちゃん誕生いたしました。
あのダラスを襲った寒波の中、穏やかに晴れた一日でした。
きっとこれが最後になるであろう(?!)出産。病室のベッドで、大きなお腹ともこれでお別れね・・・と思うと、妊娠期間の10か月が懐かしく思われたりもして・・・

そして2月6日17時03分 誕生。

DSCF00260220.jpg


産声を聞いた瞬間、何ともいえぬ安堵感に包まれました。今までの2回のお産で感じたのとはちょっと違う、体の奥底から安心したというか、何とも言葉では伝えきれないのですけど、本当にいいお産でした。

自宅でBaby誕生を待っていたちぃが病室にやってきて、それはもう嬉しくて嬉しくてたまらない様子。抱きかかえてこの表情。子供にも母性本能ってあるんでしょうか、超うっとり~な面持ちで抱きかかえておりました。お兄ちゃんになったたっくんは、お構いなし。相変わらずマイペースで、写真の後ろの方でなんやら楽しくやってます。

DSCF00710220.jpg


赤ちゃんって、こんなにも可愛かったんですね・・・
じーっと見続けていても飽きないというか(ま、実際そんな時間ないんですけど)、存在だけで癒されると言うか、3人目にして初めて赤ちゃんというものを楽しむ余裕があるように思います。(きっと今だけの余裕でしょう^^;)

DSCF01260220.jpg


今回の妊娠出産は色んなことに感謝した日々でした。
全期間を通して色々と助けてくれたもぐパパ、自分のことは自分で、そしてたっくんの世話まで見てくれたちぃ、たっくんはたっくんで・・・・これからの頑張りに期待!! 
買い物や、食事を差し入れてくれたお友だち。そして、今回もダラスにまで応援に駆け付けてくれた母。そして母の渡米の間、留守を守ってくれている日本の家族。


みんな、本当に本当にありがとう。



DSCF01780220.jpg

予期せぬ出来事

予期せぬ出来事って、あるものです。

今朝起きたら、白銀の世界でした…
昨日まで凍っていた道路の上に積雪5~10センチ。とてもとても最悪~な状況です
P10409980204.jpg

でもまぁ、これも予期していた範囲内。
写真だけ見たら素敵な雪景色にも見えるし、うちにあるいくつかの心配事も、予期の範囲内…


その① ばぁちゃんの日本からのフライトは空港にたどり着けるのか?!

その② 空港まで無事に迎えに行けるのか?!

その③ この大雪(ダラスとしては)、凍結の中、お産が始まらないか><!


①に関しては到着予定時間までWEBサイトでチェックするしかなく、②対策としてとりあえずアパート周辺の調査を兼ね、CVS(薬局)まで買いものがてら調査・・・

調査結果↓↓↓
P10500070204.jpg

言わずと知れたスキー一家のもぐ家。足しげく通った白馬八方の風景を思い出してしまいました。
しかし、他人が信じられない!!もぐパパがどんなに安全運転を心掛けてくれても、横を猛スピード、急ブレーキで運転していくドライバーが恐怖。助手席で、アホちゃうかっ…などなどブツブツ暴言を吐き続けるもぐでした。


そして夕方、2時間半遅れで無事空港に降り立ったフライト。説明すればいくつかのミニアクシデントはあったものの、当初は空港で一晩明かす覚悟で日本を発ってきたばぁちゃんでしたが、無事にお迎えしもぐ家へ到着と相成りました~


そして問題の③。どうやら動き出す気配もなく、ただただ静かに事が落ち着くのを待ってくれているかのような良くできた息子でございます。

さて、これで①~③すべてクリア かと思いきや、そうじゃなかったんです。

今日も何人かのお友だちが無事の確認をしてきてくれるという有難い状況。みんなが①~③を予期し、もぐ家を心配してくれていました。がしかし、その誰もが予期していない結末が… そしてそれはいまも現在進行形。

実は…
遅い夕食を皆でハッピーに食べ終え、長かった一日を慰労し合い、さて後片付けでもして休むかと水道をひねると… 「えっ?!水出ないんですけどっ」。夕食の支度していた時には出てたはずの水。食事中に止まった模様。ひえぇ~~~~~
ベランダから外をのぞくと、メンテナンスのおじさんの姿。何があったのか聞いてくるともぐパパが外へ。そして10分後、水しぶきを浴びて帰ってきたもぐパパ。「反対側の建物で、水道管が破裂したらしい…」と。
どうやらオフィスのトイレはまだ使えると言うことを偵察してきてくれ、もぐ家一同+ばぁちゃん、歯ブラシ持ってゾロゾロと列をなして移動。我家のある建物は水が出ないこと以外フツーですが、反対側は悲惨でございました。通路は上階からの水漏れで雨漏り状態。家の中に水が入ってこないようにほうきで水を掃く人ありで、本当に本当に大変な惨劇。これで電源がショートでもしたら…、凍結・雪・水道管破裂・停電…災害です。
未だ水は復旧していませんが、どうにか明日の朝には戻っていて欲しいと願わんばかり。
そしてこの最中、お産が始まらないようにと、またまた祈るばかり。

だれしも予想だにしていなかった結末で、もぐ家の一日は幕を閉じようとしています。

普段の生活が如何に恵まれた物であるかを身をもって知った長い長い1週間でございました。
週末での雪解け、期待したいところです。


今冬一番の・・・

とうとう今冬一番の冷え込みがやってきましたぁ。
少し前にも「寒くなるぞ~」という予報はあったものの、幸いにも雨(雪)が降らなかったので交通は普段通り。学校もCLOSEにならずにすんだのですけど、今回はさすがにそういうわけにはいかず… 前夜に降った雨が見事に凍り、道路はスケートリンクさながらにカチカチに凍って居ります もちろんこうなれば、学校はCLOSE。雪国の人が聞いたら「えっ?雪降っただけで休校なの?」と言われそうですけど、ここでは雪が降ったり、道路が凍結したら休校になることは普通だったりするんです。もちろんお稽古ごともお休みです。
そいう訳で、朝からま~ったりのもぐ家。なんと今日の最高気温は-2℃。明日はさらに冷え込んで、最高気温でさえ-7℃だそうで、今週一杯はこの道路の氷は溶けないかもしれない予感。学校何時になったらOPENしてくれるのか…
そしてさらに問題なのは、金曜日のフライトで渡米してきてくれるばぁちゃん。無事に日本からフライトがされるのか、空港が閉鎖されないか、そして無事に迎えに行けるのか…予期せぬ状況に少々困惑気味のもぐ家です。
もうこうなれば、BABYの出産ともども祈るのみ。無事にばぁちゃんが到着しますように。


寒くったって外に出たいのは子どもたち。今冬はじめてとなるスノーブーツを出し、防寒具に身を包みLet's go~♪
だいたいこういうときは楽しめる彼。
P10409940201.jpg

P10409960201.jpg


そして30秒でお家に入りたい~とめげた彼女
P10409950201.jpg
想像以上に、氷を触ってしまった手が、冷たかったようです・・・(^^;)


ばぁちゃんが無事に到着できるように、ベビーが元気に生まれてくるように、そしてこの凍結の中お産が始まりませんように…祈り事ばかりが増えてきたもぐ家です

«  | ホーム |  »

« | 2017-06 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

unimogu

Author:unimogu
*******************************
2011年2月6日、もぐ家に次男坊が生まれました。
想像もしていなかった5人家族。部屋の隅から3人の子どもたちの姿を見ているとなんとなく心温まるもぐです。
が、そんな穏やかなことを言っていられるのも今のうち。坊や2人が大きくなるにつれ、もぐ家のドタバタ劇嬢は激しさを増していく予感。

もぐ家のプリンセスちぃは5歳になります。相変わらず家の中で自分が一番偉いとどこか勘違いをしています。
長男坊のたっくん。未だ弟が出来たことを理解していない様子ではありますが、ベビーを踏みつけたりはしません。踏んじゃいけないって思ってるみたいです。頑張れもぐ家の長男!


「風が吹いてもしなやかな、柳のようにあれ」と、大木のようなパパ。
しかし風が吹くごとに根っこから吹き飛ばされるもぐ。
いつでもどこでもそこが舞台、プリンセスちぃ。
周りのことはお構いなし、マイペースのたっくん。
そしてみんなから愛されるベビくん。

そんなもぐ家のお話しです。

*******************************

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Irving Weather

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。