Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今季初のチア☆

昨年一年間、ダンスクラスで楽しく過ごしたちぃですが、今年は訳あって方向転換。Cheerのクラスを取り始め、先日初めての発表会がありました。これからはイッチョコ前にもCompetitionシーズンを迎えるので、それに先駆けての身内だけの発表会です。

「身内」とはいえ、チビッコからユースまで集まるとこんな感じ。

ちぃを探せ!!
DSCF125610282.jpg

これなら分かるかな・・・
DSCF125910283.jpg

見つけた方、偉い!!


こういう瞬間を誰よりも楽しめるこの人は、この日を待ち望んでおりました。
彼女のために、もぐ家他3人+α0.5人は土曜も日曜もなく一家揃って彼女について回るのです。
体調管理はもちろん、昼寝の調整、髪の毛のセット、食事の調整・・・
そりゃあ、心の底から楽しんでもらわねば、ついていく方も報われませんので、精いっぱい楽しんでもらいたいものです。
DSCF125010281.jpg


子供といえども、こういう瞬間にはアドレナリンが出るんでしょうか。いつも練習では先生に手伝ってもらっていた決めのポーズ、この日は自分たちだけで出来ましたぁ~!!
そんな些細な一幕が、母は感動だったりするんですけど、しかし誰が一番大変かって、それはもちろん、ちぃを膝の上に乗せ「笑顔」で支え続ける彼女。彼女の頑張りがあるからこそ、ちぃは嬉し楽しでポーズを取ってられるのです。そういう所をチームワークで学んでほしいなぁ~と願う母なわけです。

DSCF128910285.jpg


帰りの車内。
ちぃが一言申しました。
「今日はすごいたのしかったねぇ~」

・・・・・

ぼくだって

「ねぇちゃんのことばっかり書かれがちだけど、実はボクだって新しい生活が始まったんだっ!!!」と、一言ぐらい言いたいだろうなぁ・・・とたっくんの気持ちを察し、今日は彼の日記を飾ることに。

実は9月からPreschoolデビューを果たしたたっくん。まだ19カ月のBabyなのに可哀そうかなぁ~と、母は後ろ髪引かれながらも、彼のスクールデビューを見守り2週間が経ちました。ちぃが去年一年間通った同じスクールで、母も子も楽しく過ごした場所。大きな園庭と先生の人柄、カリキュラムなど、きっとたっくんも好きになってくれると信じ(祈)


朝の通園は、決まってねぇちゃんが付いて来てくれます。(彼女は午後の学校だから。)
大きな声で、「こっちよ~」だとか、「いくよ~」だとか、あぁだこうだ言いながら、たっくんをToddler教室までエスコート。しかし駐車場から教室までの半分の距離を歩いたところで、決まって抱っこを要求。やっぱりまだ自分から教室の中まで歩いていけるほどの「前向きな」勇気は無いようで・・・

通園2週目となる先週は「ここ」がどこだか理解し始めたたっくん。母と「涙」で別れつつも、姿が見えなくなったらあっさりおもちゃで遊び始める彼。教室の中の様子を伺えるマジックミラー越しに、ちぃと、「もう泣きやんで遊んでるね。(ーー;」と、どこまでも、前向き?マイペース?!な彼をたくましく思う一面、お迎えで私の顔を見た瞬間、今までルンルン♪で遊んでいたやろぉ~と突っ込みたくなるほどの変貌ぶりで、半ベソをかきながら走りよってくる彼。早1歳半にして、世の中のわたり方を習得しつつあるたっくんです。

3人兄弟の真ん中となるべき素質でしょうか。



DSCF10780920.jpg




うちの娘も・・・

やっと、ブログに向かう気持ちになりました。
前回の日記から、かれこれ丸3か月も経ってしまいました。
この3か月、いろいろとありまして、忙しく・・・というかなんというか、まぁ色々ありました。

この3カ月何をやっていたかというと、それはまたの機会にするとして、長い長い夏休みも終わり、新学期を迎えるこのシーズン、実はうちのちぃは、PKの学年になりまして、今週の月曜日に初登校を果たしました。

今までのpreschoolとは違って、一応ESL(英語の勉強)を目的としたPKなので、毎日お勉強(のハズ)です。とはいえ一日3時間だけなので、行ったと思ったら直ぐに帰ってくるのですけど、毎日学校に行かせるのは初めてなので、親も新鮮な気分です。

うちの辺りは学校の服装に色の指定があって、一応制服のような扱いになってるのですけど、初登校の日に真新しい制服に身を包んだ我が子を見て・・・・それはそれは感涙です。

DSCF10440831.jpg


学校への登校は、なんとスクールバスを利用して一人で通っています。
バスを利用するなんて案は、さらさらなかったのですけど、安全策などの説明を学校から聞き、それなら利用してもよいかと考え始め、初日からバスに乗って、「バイバイ~♪」と手を振って登校して行きました。
アパートの前までPickに来てくれるので、私に取ったら本当に助かります。

それでも、やはり初日は心配な私。バスの後を車で追いかけ、学校で降りてくるのを待ち伏せし、教室に入るまでを見届けてきました。ちぃの学年のバスには、バスの運転手さん以外にアシスタントが常に乗っていて、バスの中での世話をしてくれますし、学校到着後は担任の先生もバス通学の子の受け渡しには配慮をしているようなので私も安心。

無事に初バス通学を果たして、学校前でバスから降りてくるちぃでした

DSCF10600831.jpg



Birthday Party♪

親にとって、一年の中で労力を費やすイベントの一つが、Birthdat Partyのような気がします・・・
大きなPartyをすることに意味があるわけでは無くて、娘(息子)に、一番幸せな形で過ごさせてやりたいという気持ちだけなのですが、それがどういう形であれ、色々と思案する訳です。

このたび、めでたく4歳になったちぃ。今年のお誕生日は、と~っても心待ちにしていて、「4歳」というものに憧れを抱き、早く4歳になりたいなりたいと言い続けていた彼女。誕生日というものをしっかり理解していたし、自分のお誕生日を一緒に過ごしたい=「お誕生日に来てもらいたいお友だち」という感覚もあり、今年はもぐパパとの家族会議の結果、プールPartyにてお祝いすることにりました。

○○ちゃんと~、○○ちゃんと~、、、、と、彼女のリクエスト通り、お友だちがお祝いに来てくれるということで、3日ほど前から興奮気味の彼女。どうかどうか、当日まで・・・いや、Partyが終わるまで、この興奮が冷めませんようにと、幾度心で祈ったことか

DSCF14171018.jpg


今か今かとゲストの到着を待つちぃ。このドレス着て・・・、ネックレス付けて・・・・と、彼女自身もそれなりにお忙しく身支度を整えていた様子。おんなごころですわね。


お友だちが到着して、もう興奮は止まりません。
プレゼント貰って、カードもらって、、、、

この笑顔が見たくて、親は頑張るのです。
DSCF142310181.jpg


バースデーケーキの希望は、「ピンクのケーキ」でした。
ご希望にお応えして、、、、、ジャーン

DSCF144510181.jpg

でも、うちの娘。アメリカのケーキ、食べれないんです。どうもアイシングが駄目みたいで、ドップリとアイシングが乗っていると、ぜんぶとってきれいにして~と、スポンジだけの状態にしてほしいというのです。

今回も案の定。「ママー、ピンクの取って~」とのこと。ピンクのケーキは欲しいけど、ピンクのアイシングはいらないらしい。で結局、ちょこっと食べたところで・・・・

やっぱり好きじゃなかったみたい・・・ と、小さく弁解しておりました。ま、いいんです。親の私たちだって、美味しいって思ってはいないので。イベントですから。。。


Partyの後は、お友だちとPool。楽しくないはずがありません。
思いっきり遊んで、と~っても満足げなちぃ。
最後の記念写真の顔はこうでした↓↓↓

DSCF14571018.jpg


帰り途。

「きょうは、みんなきてくれて、たのしかったねぇ~」とちぃ。


それが聞きたかったのよ~~~~~



ちぃにとって、Happyな一年でありますように。

ぼく・・・



ぼく1歳になりましたぁ~!!!
DSCF126802191.jpg

最近は小走りを始めて、それが案外早い。そして、なんとも力が強い。我が家にルービックキューブ(立法体で色を合わせるやつ)があるんですが、あれを平気で破壊します。大人がやっても結構難しいです。少々の高さももろともしません。我家のバスタブなんて、平気でよじ登り、自分で浴槽に入ってしまいます。まぁそれはそれで生死にかかわる問題なので、冗談ではないのですけれど、とりあえず、普通はしないだろうということをしてしまうようで、目が離せません。
そして、知る人ぞ知る。うちのボウヤ、歩くのも早ければ、歯が生えてきたのも早かったのです。今では上下合わせて8本完成しきっているのですけれど、先日、奥の方を覗いてみたら、上側の奥歯2本も目が出始めてました。カルシウム余ってるんかなぁ・・・・

そんな目の離せない悪戯盛りのボウヤですが、笑い声とか仕草とか、まだまだ赤ちゃんで、もう生まれて1年も経つなんて本当に信じられません。
DSCF129002193.jpg

フレンドリーで、笑顔いっぱい。みんなに可愛がられる我家の癒し系。そんな彼が、いつしか喉仏が出て、声変わりして、ひげが生えて・・・・「おかん!」とかって呼ぶ日が来るのでしょうか・・・・煙たがられる日が来るのかしら
(涙)

まぁ、そんな日が来なかったら来なかったで、きっとそれは問題でしょうからね。今の許される内にせいぜい楽しみたいと思います。

DSCF129402194.jpg


1歳のお祝ケーキは、Babyが食べられるように、パンケーキで作りました。
お祝のろうそく付けたら、早速触りたくて仕方がない!想像どおりですけどね。本当に目が離せません。
一見笑顔に見えてますけど、ろうそくを触りたい~~~っていう気持ちでいっぱいです。前に出ている左手は、ろうそくを射程距離に構えた態勢です。


DSCF130302195.jpg


この1年、大きな病気もせず、怪我もせず、無事に迎えられたのは、家族の支えと周りの方々の支えがあったからこそだと思います。この場を借りて、お礼申し上げます。ほんとうにありがとうございました。そしてこれからも、もぐ家をどうぞ見守ってください。

たっくんにとって、幸多き1年でありますように


«  | ホーム |  »

« | 2017-10 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

unimogu

Author:unimogu
*******************************
2011年2月6日、もぐ家に次男坊が生まれました。
想像もしていなかった5人家族。部屋の隅から3人の子どもたちの姿を見ているとなんとなく心温まるもぐです。
が、そんな穏やかなことを言っていられるのも今のうち。坊や2人が大きくなるにつれ、もぐ家のドタバタ劇嬢は激しさを増していく予感。

もぐ家のプリンセスちぃは5歳になります。相変わらず家の中で自分が一番偉いとどこか勘違いをしています。
長男坊のたっくん。未だ弟が出来たことを理解していない様子ではありますが、ベビーを踏みつけたりはしません。踏んじゃいけないって思ってるみたいです。頑張れもぐ家の長男!


「風が吹いてもしなやかな、柳のようにあれ」と、大木のようなパパ。
しかし風が吹くごとに根っこから吹き飛ばされるもぐ。
いつでもどこでもそこが舞台、プリンセスちぃ。
周りのことはお構いなし、マイペースのたっくん。
そしてみんなから愛されるベビくん。

そんなもぐ家のお話しです。

*******************************

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Irving Weather

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。