Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じぃじぃ&ばぁばぁDallas滞在記 ‐2日目‐

大変ご無沙汰になりました。
はい、体調を崩してました…びえー
寝ても覚めても、ちぃのゴホゴホ咳を顔面に浴びせられ、風邪菌を頂いてしまいました滝涙 急に冷え込んで、乾燥し始めた影響もあるんですかねぇ。なんせ声が出なくて。しかし、ご近所ママ友さまたちに助けて頂き、一日ゆ~っくりと昼寝できたお陰で、すっかり体は元気になりました。ただ、ほんと~に声が酷いようで、(自分が思っているのと、他人に聞こえているのは違うらしく)、周りの方から「お気の毒…」的眼差しで見て頂く日々です。ま、幸いにも、週末には日本から弟君が渡米してくるので、ちぃの面倒でも見て貰って、私はのんびり~なんて甘い考えでいたりするのですが… しかし、もぐパパ的には、せっかく日本から来るのだから、どこかへ連れて行ってやりたい的気持ちが強いらしく、サンクスギビング休暇中には、ヒューストンへ、し・か・も!日帰りツアーを考案中です。もちろん、運転はパパに頑張っていただきますがふぅ・・・

さてさて、じぃじぃ&ばぁばぁダラス滞在記も書きあげられないまま、滞在から早1か月がたとうとしているのですが、とりあえず書き終えておきたいということで、書き上げちゃうことにします。他にもい~っぱいいろんな事があったので、書くこと山ほどあるんですけどねぇ。それはボチボチ年内には頑張ろうかなって感じで。

というわけで、ダラス観光2日目です。

ダラスに来たからには、ココの観光は外せないってところと言えば、Sixth Floorですよね。
DSCF0096.jpg

Huston通りからElm通りに曲がった直後、事件は起こりました。
DSCF0100.jpg

これが実際の事件現場跡です。
DSCF0111.jpg

そして、射殺された場所から犯行現場を見たところ。小さくて見え辛いすが、○で囲まれた部分の窓から犯人が狙ったとされています。
DSCF0106.jpg

こちらの展示場では、日本語音声ガイドを聞くことができますので、ゆっくりと時間をかけて見て回ることをお勧めします。

そして、この場所から近いところで見所と言えばReunion Tower
DSCF0476.jpg

Hyatt Regencyに隣接しているこのタワー。中で食事もできるという事で、Lunchがてら出向いたのですが・・・・ な、な、なんと、工事中で閉鎖えーん ガガ~ンでした。下調べミスでしたねぇ。

Sixth Floorからは歩いて行ける距離なので、どちらかに車を置いておいて、散歩がてら歩いて行くことも可能です。もぐ家は経費削減で徒歩でTowerまで行ったのですが、まさしく「無駄足」と化しました。正直、お腹の大きいもぐにしてみれば、最初っから車で行きたかったんですけどねぇ。ここだけの話ですけどねぇーーーーーー

ま、気を取り直して、この日のメインイベント会場へ。
馬好きのばぁばぁの為に選んだのはMedieval Times
DSCF0479.jpg

一言で説明すると「馬のミュージカル?!」かな。ストーリーを簡単に説明すると、「中世の騎士のチャンバラごっこ?!」かな。
私の語彙力のなさ、説明べたをお許しください…ちょっと気まずい顔

観客席が色別に区切られていて、自分の座っている色と同じ色のナイトを応援するというシステム。剣や盾で火花を散らしながらの演技、結構迫力がありました。もちろん馬を使っての演技は素晴らしいの一言。馬がスキップしたりするんですよ拍手 パチパチ
DSCF0498.jpg

こちらのミュージカル、食事つきとなってます。中世のストーリーらしく?!食事も中世スタイル。こんな食器が用意されてます。
DSCF0485_convert_20081110045424.jpg

そして、盛りつけられるとこんな感じ。
DSCF0495_convert_20081110045459.jpg

中世らしく!ってことですからね。ナイフやフォークはありません。手で頂きます。チキンなんて一人当たり、半身でてくるのですが、これをかぶり付きます!
正直、食事の内容(味)は期待してなかったんですけど、想像以上に美味しかったのでこれは良かった。ただ、還暦を過ぎたじぃちゃん・ばぁちゃんに、手で食事させたのは申し訳なかったんですけどねぇあせ
こちらに行かれる際には、ウエットティシュ持参で行かれると便利ですよ。


そんなこんなで観光2日間が終わり、翌日じぃじぃ&ばぉばぁはアメリカを経ちました。
ばぁばぁにとったら初の海外旅行。体調を崩すこともなく、帰国後の時差ボケも無かったようで、案外スムーズにいったようで良かった良かった。見送りゲートのところで、ばぁばぁがちぃに向かって、「今度はちぃちゃんが来てね~」って言っていたのをもぐは聞き逃しませんでしたちょっと気まずい顔 が、とりあず聞こえなかったことにして、ノーコメントで済ませました…

何はともあれ、海を越えて遊びに来てくれて有難う
今度会えるのは、日本かアメリカか… いずれにせよ、もう一人コブが増えているのは確実だなぁ。

The END完


コメント

No title

もぐさんへ
風邪たいへんでしたね!遠くの身内より近くのお友達・・いつも何かと助けていただいて・・ありがたいですね。「最近風邪が・・」の記事を見た時に、実は変な予感がしたんです。

さくらさんへ

本当にありがたいかぎりです。
かなり長い間、しぶとく頑張っていたんだけどねぇ、さすがにこの乾燥じゃぁ喉をやられてしまいました。
いまだ、親子してゴホゴホ咳き込む始末。咳をすると腹筋を使うから、長く続くと辛いわぁ。
まぁ早く直すよう心がけます。さくらさんも気をつけて。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

« | 2017-09 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

unimogu

Author:unimogu
*******************************
2011年2月6日、もぐ家に次男坊が生まれました。
想像もしていなかった5人家族。部屋の隅から3人の子どもたちの姿を見ているとなんとなく心温まるもぐです。
が、そんな穏やかなことを言っていられるのも今のうち。坊や2人が大きくなるにつれ、もぐ家のドタバタ劇嬢は激しさを増していく予感。

もぐ家のプリンセスちぃは5歳になります。相変わらず家の中で自分が一番偉いとどこか勘違いをしています。
長男坊のたっくん。未だ弟が出来たことを理解していない様子ではありますが、ベビーを踏みつけたりはしません。踏んじゃいけないって思ってるみたいです。頑張れもぐ家の長男!


「風が吹いてもしなやかな、柳のようにあれ」と、大木のようなパパ。
しかし風が吹くごとに根っこから吹き飛ばされるもぐ。
いつでもどこでもそこが舞台、プリンセスちぃ。
周りのことはお構いなし、マイペースのたっくん。
そしてみんなから愛されるベビくん。

そんなもぐ家のお話しです。

*******************************

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Irving Weather

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。