Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ旅行記 -Vol.3-

さて4日目。
(前ブログに、2日目とあるのは3日目の間違いです・・・)
モントリオールに紅葉を見にきたのならば、ココへは行っとかないとぉ~、とカナダ通の友人の勧めもあり、一日予定を延ばしてまで訪れたのは「ローレンシャン高原紅葉

私たちは市内から観光バスを利用し、半日かけてのツアーを申し込み。日本の会社が行っているツアーは料金が高いと聞き、こちらの現地ツアー会社Gray Lineを利用することに。
が、しか~し!!ここにきてトラブル発生きゃはー

旅行前に事前にWEBで予約し、記録となる予約票を持参して、いざ集合場所へ!
「お天気にも恵まれたし良かったねぇ~ぷっくりハート」なんて、もぐともぐパパの会話も弾み、ルンルン気分で受け付けカウンターに行くと…

「あなたたちの名前は無いわね!事前に電話してきたの?! 今、3組待ってるから、席が空いていたら参加できるわよっ。そういう事だから座って待ってて。」

と、かる~く言い退けられ、唖然のもぐ家ガーン

って、ここで大人しく引き下がるような、もぐと、もぐパパではありませんわな。はるばるここまで来て、参加できないなんて、どういうことやねん!怒り

「ここにe-チケット持ってきてるやろ。事前に金も振り込んであるし、申し込み後、電話確認を入れろなんて記載されていないぞ!! それに、もし参加できなかったら申込金はどうなるんや!」

と、もぐともぐパパとの攻防戦。

「お金はクレジットに戻すわ。・・・いえ、今現金でお返しするわ。どうしても参加したいなら、来週の月曜日なら参加できるわよ。」

ってまたもやサラリと言い放つネェちゃん。そりゃぁ、貴女の責任ではないでしょう。でもねぇ、どこにもそのような記載はないのですよ。それにこの日は金曜日。来週の月曜日にはDALLASに戻ってるんですわ。参加できる訳ないやろうーーー怒り その上ね、実はもぐ、一度電話をしているんですよ。ちぃの年齢(2歳)では、参加料金が記載されていなかったのです。本当に無料なのか、チャイルドシートをつけるなら有料になるのではないか…などなど疑問だったので、電話したんです。その時、「予約しているんだけど…」と会話には出したのですが、リコンファームの情報などはGETできなかったのです。どうせなら名前まで伝えておけばよかったと少々後悔しました。

しかし、美人顔のネェちゃんが放つ「アッサリ」とした応対に、もぐの怒りは奮闘。とはいえ、待つしか仕方がない私たち。どうしてもダメと言うのであれば、金を返してもらって、レンタカーで行こうという気持ちで、とにかく待つこと10分。

「You can go. Go to the first bus.」

だそうです。
「あたりまえやろう」と心の中で呟いたはずの声は、口から出てました汗;

ともあれ、無事に出発。何もしらないご機嫌のちぃをバスに乗せ、いざ出陣です。
(このツアー会社を利用されるご予定の方、どうぞ、電話でのリコンファームをされることをお勧めします。ツアーガイドさん(運転手)は良い方だったので、利用価値はありだと思いますよ。)

ツアーの途中では、見どころで写真撮影のためのドロップオフもあり。
アルエット号で1時間弱のクルーズ付きで、紅葉を満喫できました。
DSCF0260.jpg

DSCF0243.jpg

DSCF0253.jpg

クルーズの後は、昼食を兼ねた自由行動。ここにきて昼寝に突入したちぃ。パパママのLunchタイムです~拍手 パチパチ
こっちに来てから思う事。それは、食事がおいしい。ここまで外れと言うのには当たったことがない。
ということで、この日のランチも当たりでございました。
DSCF0264.jpg
クリームソースのシーフードピザ。美味しゅうございました。主人はミートソース系のスパゲティを注文したのですが、「アルデンテ」なんですよ、ちゃんと。Dallasに住まれている方はお分かりですよね、この感動。こっちのアルデンテ、超茹でられているんですよねぇ。私の行った所が悪いですかねちょっと気まずい顔 ま、何れにせよ食事は美味しいのでございます。

そしてこちらに来たもう一つの目的は、これをGETすること↓
DSCF0340.jpg
メープルバター(右側)です。これも、カナダ通のお友達が是非ともここを訪れたら購入してみてね!と教えてくれた一品。メープルシロップは一般的ですが、このバターは中々見つけられないそうです。こちらの商品は、街の中心にある教会(以下)の東側にあるパン屋さんでGETできます。一緒に販売されているメープルシロップも、市街地にある土産物店よりリーズナブルに販売されてますので、お勧めです。
DSCF0263.jpg

出発前のハプニングに見舞われたものの、無事全工程を終了。ちぃは昼食前から昼寝してくれたおかげで、パパママランチも満喫できたし、街の散策もゆっくりできたし、結果オーライ!楽しい一日となりました。
ちぃは、バスの中で眠り始め、昼寝が終わった時には、散策も終わった後で再びバスの中。彼女的には、「船に乗って、バスに乗った一日」という思い出で終わったようですが、こちらも結果オーライ。
メープルバター購入時に一緒に買っておいたブドウパンをほうばり、ご満悦でした。

DSCF0275.jpg

DSCF0278.jpg

紅葉のカナダ情報はこちらをご参考に♪
紅葉のカナダ



コメント

もぐさんへ

まるで、おとぎの国の紅葉って感じですね!
低い木々が一つ一つ色が違って、可愛らしい!
こうして映像つきで話を聞くと行ってみたくなります。今英語をならってる先生はナイアガラフォールズ出身です。今度話してみます。
ちいちゃんはいつもながら、元気によく付いてきてますね。この服?
可愛いですね!

NoTitle

こんにちわぁ。
バスの一件、お疲れ様でしたぁ。この手のトラブルはよく聞く話ですよね~。まったく、ツアー会社側のお姉ちゃんの対応・・・脳みそついているのか。って思いますよね。
「月曜日に来い」なんて、大概が旅行者に決まっているのに、近所に買い物いくみたいな言い方って・・・同じ人間のいうことかしら。そんなことならサルでもできる。って思います。

フランス語圏のモントリオールは食べ物がおいしいと言われて・・・私も期待していったんですが、たまたまでしょうねぇ食べたところが悪かったのか、あまり当たらなかったんです(泣)・・・ホテルの朝食が一番おいしかった。(これはおいしかった!)っていう思い出があるので食べ物あたり!ってもぐままさんファミリーがうらやましぃです。

さくらさんへ

だんだん行きたくなってきたでしょう~ 数年後(?)数か月後(?)に行ってたりして(苦笑) 無きにしもあらず…って感じでしょうかね。
今習われている先生がナイアガラフォールズ出身とは、これまた偶然。話が弾みそう♪
ちぃの服、おやばかちゃりんこで購入したドレスです。可愛らしいんですけど、いざ着せてみると、セーラームーン(分かりますか?)のようにも見え…ま、2歳という愛らしさで許していただけるギリギリかと@

Sumieさんへ

いつも遊びに来て頂いて嬉しいですっ。
そっかぁ、食べ物当たりは、「運」だったのかなぁ。まぁ私達が泊まったホテルの朝食は美味しいと言えるようなものでは無かったので(殆どシリアル・・・)、その分外食が美味しく感じたのかもぉ(笑)
しっかし、この手のトラブル、これからも付いて回るのでしょうか… 「月曜日に来い!」ってコメント、ほんと腹立ちましたよ。クールなあの方の声も大きくなってましたし(^^;)
無事にツアー参加できたのが何よりでございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

« | 2017-08 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

unimogu

Author:unimogu
*******************************
2011年2月6日、もぐ家に次男坊が生まれました。
想像もしていなかった5人家族。部屋の隅から3人の子どもたちの姿を見ているとなんとなく心温まるもぐです。
が、そんな穏やかなことを言っていられるのも今のうち。坊や2人が大きくなるにつれ、もぐ家のドタバタ劇嬢は激しさを増していく予感。

もぐ家のプリンセスちぃは5歳になります。相変わらず家の中で自分が一番偉いとどこか勘違いをしています。
長男坊のたっくん。未だ弟が出来たことを理解していない様子ではありますが、ベビーを踏みつけたりはしません。踏んじゃいけないって思ってるみたいです。頑張れもぐ家の長男!


「風が吹いてもしなやかな、柳のようにあれ」と、大木のようなパパ。
しかし風が吹くごとに根っこから吹き飛ばされるもぐ。
いつでもどこでもそこが舞台、プリンセスちぃ。
周りのことはお構いなし、マイペースのたっくん。
そしてみんなから愛されるベビくん。

そんなもぐ家のお話しです。

*******************************

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Irving Weather

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。