Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロラド スキー旅行記①

先日、コロラドへスキー旅行に行ってきました。実はこれで3度目となるコロラド。去年はたっくんの出産があったので2年ぶりのスキーとなりました。

今回はバンをレンタカーし、3家族・大人6名子供2名の大移動。
走行距離約980マイル(約1500km)。途中休憩含め、片道約20時間のロングドライブです。
アメリカ人のお友だちに、「今度コロラドに行くの~。車なんだけど・・・・」って言うと、「私たちも車で行ったわぁ~」とか、「一日で着くわよ。悪くないわ」とか、あぁ結構みんなやってんだって感じ。で、やってみると、案外いけるかもというのが本音です。子供2人も想像以上にお利口さんだったので。というのもDVD持ち込んでいたので、お菓子を食べDVDを見て、至福の時でしたからね。

でもやはり、真夜中のドライブは、雪が降ってきたり、路面が凍結し始めたり、早朝には濃霧が発生したりと色々と気を使うドライブだったので、みなさん車で行かれる場合には、万全の準備で臨んでくださいね。

今回行ったスキー場はVail と BeaverCreek。私達にとっては、Vailは2回目となります。
この二つのスキー場は隣町にあるので、車で15分も走れば移動は可能です。

Vailというと、知る人ぞ知る高級リゾート地。ホテル代含めビックリするほど物価がお高いんです。まぁ訪れている人たちの風貌を見ると、お金持ちそう~な人がたくさんいるんで納得ですけどね。
街はとても整備されていて、ブティックとかレストランとか、スキーをしなくとも、ブラブラするだけでも楽しい雰囲気なのです。
P102075503012.jpg

Vailの中は無料の巡回バスが出ているので、ホテルからリフト乗り場までの移動や、ショッピングに行くのにもこの巡回バスを乗るととても楽に移動が出来ます。今回はレンタカーを使っていたので、ほぼバスは利用し無かったのですけど、一部、自家用車は入り込めない地域があるので、そういうところはこの巡回バスを利用するとよいです。


BeaverCreek(BC)。こちらもVailに勝るとも劣らぬリゾート地。滞在中、一日しかBCで滑らなかったのであまり街の中を散策する時間はなかったのですけど、同じくブティックやギャラリーが軒を連ねていて、アフタースキーを楽しむのにも十分な街でした。


つづく



コメント

素敵だわ~。

ご無沙汰しております。Jの妻です。久しぶりにブログ拝見させていただきました。あのダラスが雪に見舞われたとの事に驚きと、またまたスキーに出かけられたとの事、う~ん、何とも羨ましい限りです。我が家は帰国して初の冬を迎え、今シーズンは何とかボードに3度行くこともできました。そろそろこちらは花粉情報と桜情報真っ盛りとなりそうですよ。

Jの妻さんへ

うーん、いったいどこの妻だろうと無い頭をフル回転してみました。
お久しぶりです!J妻さま☆ 私の勘違いじゃないですよね。一瞬、怪しげなコメントがまた舞い込んだかと思いましたわ。だって、「Jの妻」じゃあ、怪しげすぎる。。。。
ご無沙汰ですね。お元気そうで。今年は2年ぶりのスキーを楽しんできました。例のそりがとても役に立ちました。楽しかったわよ~
そちらも雪山を堪能されたようですね。唯一の心残りは、コロラドのゲレンデを一緒に楽しめなかったことね。日本でご一緒する日を楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

« | 2017-11 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

unimogu

Author:unimogu
*******************************
2011年2月6日、もぐ家に次男坊が生まれました。
想像もしていなかった5人家族。部屋の隅から3人の子どもたちの姿を見ているとなんとなく心温まるもぐです。
が、そんな穏やかなことを言っていられるのも今のうち。坊や2人が大きくなるにつれ、もぐ家のドタバタ劇嬢は激しさを増していく予感。

もぐ家のプリンセスちぃは5歳になります。相変わらず家の中で自分が一番偉いとどこか勘違いをしています。
長男坊のたっくん。未だ弟が出来たことを理解していない様子ではありますが、ベビーを踏みつけたりはしません。踏んじゃいけないって思ってるみたいです。頑張れもぐ家の長男!


「風が吹いてもしなやかな、柳のようにあれ」と、大木のようなパパ。
しかし風が吹くごとに根っこから吹き飛ばされるもぐ。
いつでもどこでもそこが舞台、プリンセスちぃ。
周りのことはお構いなし、マイペースのたっくん。
そしてみんなから愛されるベビくん。

そんなもぐ家のお話しです。

*******************************

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Irving Weather

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。