Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のはやり

ここ1か月ほど続く、ちぃのマイブームがあります。
いえいえ、長イモの毛抜きではありません。→くわしくはこちら

昨年のクリスマス、サンタさんからもらった「おままごと(食べもの)セット120ピース絵文字名を入力してください」。これ、かなりなベストチョイスとなりましたGOOD

これで遊ばないという日はないくらい、毎日欠かさず何だかんだと作ってます。もとい!食べてます。食事が終わって、かなーり満腹なはずなのに、すかさずままごとセットの所まで行くや否や、「おかーさん、いっしょにたべよー」と言うし。こっちは腹いっぱいで、ままごとごっこする気持ちなんかにゃあならんわ!って内心思いつつ、「今おなかいっぱーい」と、ちょっと控えめに遠慮させて頂いたりして。

夜寝る時も、ベットルームまで持っていく始末。ご丁寧に、お気に入りのフードをカバンに詰め込み、枕元へセッティング。「夜寝るときは片づけなさーい」というと、「3個だけー」とか言いながら、どうしても枕元までもって行きたいちぃ。夜中に目覚めて、母の枕元へ寄ってくるときも、カバンを提げてくるくらいだから、彼女の食べ物への執着心というのは筋金入りかも知れません。

ある日の彼女の食卓
DSCF1323.jpg

かなり豪華です。しかもそれなりにバランスがとれている。
主食はおにぎり・クロワッサン・卵焼きに・フレンチフライ・デザートに果物・・・ ちょっとカロリーオーバーだけどアイスは欠かせない。ドリンクに、ちゃんとカップスープも用意されてました。


そして、母に用意してくれた食卓
DSCF1326.jpg

んんん・・・・ なんだかちぃに比べると、ちょっと“貧相”な感じがするんですけどぉむ~っ


んでもって、父に用意した食卓
DSCF1325.jpg

はっはっはっ(笑) これに関しては、母の勝ちですねぇ絵文字名を入力してください そりゃあ、毎日手を掛け、ちぃ様のお世話させて頂いているのですからね、これくらいは差を付けてもらわないとね!!

しかし、ドーナツとアイスを用意するところ、父の甘党を理解しいるのですかねぇ。






スポンサーサイト

諦めきれないわたし・・・

海外生活して1年半・・・
まだまだその世界(どんな世界?!)では、初心者もどうぜんなわたくし。
とは言え、なんだかんだと、「あれっ、これって日本ではどうするんだったっけ?」みたく、ちょっとしたことが思い出せなかったり、特に漢字なんて結構ヤバイ状態になりつつあります・・・ 「敬語」なんて、尚更ですー(汗)。会社勤めしていた頃は、それなりに、言葉でも文章でも「敬語」というものを使っていたので、「完璧」とは言えずとも、まぁまぁそれなりだったと思うんですけど。。。。 かといって、抜けていくのと同じスピードで英語が入ってきている訳でもなく、悲しい現実でございます滝涙
バイリンガルにもなりきれず、母国語もままならない、私のような中途半端なEnglishSpeakerのことを、「セミリンガル」って言うらしいですわ。
「ま・さ・し・く」ですね苦笑い

ところで、こっちで生活していても、ちょっと気になる「日本の習慣」があります。
それは・・・・絵文字名を入力してくださいお年玉付き郵便はがき絵文字名を入力してください
なんとなく諦めきれないんです。日本にいた時ですら、「切手シート」当たるのが精いっぱいだったんですけどね、それでも毎年の柄を集めたりするのがちょっとした楽しみだったりして。

そして今年頂いた年賀状。先日、ネットで当選番号を確認。
そしたら、早すぎましたちょっと気まずい顔 あ、焦り過ぎたわたし・・・ 何だか勢い余った自分の姿が恥ずかしかったりして・・・

で、ようやく今日25日、発表でございまして、早速確認いたしました。

結果・・・惨敗てろてろはぁとぶれいく03

いいんです別に。
とりあえず、諦めきれない気持ちがこれで落ち着いたんで。
新年の古き良き(?!)習慣ですね。


みなさん、お手持ちの年賀はがき確認されましたか?
当選番号

To my son.....

ちぃの時は、何だかんだとBaby用品をミシンで内職していたわたし。さすがに今回はそんな余裕もなく、ちぃの時に作ったビブやおくるみも綺麗に残っているし、Boyだから女の子のようにベビードレスって言うのもなぁーなんて思うと、なおさら彼専用の何かを作ってやることもなく出産を迎えてしまいそうな気にもなり・・・

それが、先日運び込まれたベビーベッドを目にし、ついでにMy Favorite StoreのJOANNなんかへフラフラーと立ち寄ってしまったもんだから、思わず生地を購入してしまったもぐ。このお店行くと、何も買わずに帰ることってないんですよねぇ。「あっこの生地可愛いー」なんて思うと、ついつい買ってしまう悪い癖。

ともあれ、ここに来てようやく、彼のパーソナライズGoodsが出来上がりましたプレゼント

ベッドサイズの掛け布団 ↓↓ と、ベッドの足もとを隠す用の、ベッドスカート↓↓
DSCF1327.jpg

そして、マットレスカバー(緑シーツ)↓↓
DSCF1330.jpg


とりあず、これで許せ我が息子よぉ…びえー

2枚目の写真に写っている「おもちゃ」。小さな人形が3個入っていて、音が鳴るガラガラになってます。実はコレ、ちぃのセレクト。先日、Babyの服を買いに出かけていた時、おもむろにちぃが持ってきまして、「これ、ベイビーにどうぞするの・・・」と言って、離しませんでした。パッケージの裏面に、Babyがこれを持ってニコニコ笑いながら遊んでいる写真が載っていて、あぁーこれはBabyのおもちゃなんだとちぃなりに理解した様子。で結局、買わされるハメになり・・・ま、でもある意味、彼女なりのBabyに対する「思いやり」も大切にしてやりたいと思い、一緒にレジに持って行って購入して帰りました。

ただ一つ心配なことが・・・
ちぃはこのおもちゃを見るたびに、「ベイビーわらうかなぁ」と言っています。このおもちゃを持って遊んでくれることをとても楽しみにしているのです。きっと生まれたら即座に、このおもちゃを、おとうと君に差し出すのでしょうが、生後間もない赤ちゃんが、これを持つことも、もちろんこれを見て笑う事も暫くはありいません・・・よね。ちぃがガッカリしなければいいんですけど・・・ちょっと気まずい顔

ともあれ、自分もまだまだBabyであると思っている反面、あるときには急に「おねえちゃん」振るちぃ。今日は検診で病院へ行ってきたのですが、「Babyの先生のとこ行ってきたよ」というと、「なおったー?」と必ず聞いてきます。大きなお腹を辛そうにしている母を見て、なんだかBabyが母に苦痛を与えているとでも思っているのでしょうか、2歳児の反応というのは結構面白いもんです。

そんな会話も、あと何回できるやら・・・
36週5日目。


うれしいのひとこと…

今週で36週を迎えました。とうとう妊娠生活も臨月に突入です。
いつ生まれてくるのか、新しい命・・・
周りの方々の支えがあって、ここまで元気に過ごして来れたことに感謝です。

家族ぐるみでお世話になっている方々、ちぃの幼稚園のお友達、そして素晴らしきダラスのママ友の皆さま。たくさんの方からお祝いを頂きました。こんなにも温かく、私たちを見守って下さっている皆さんに、心から感謝感謝のもぐ家です。みなさん、本当にありがとううるうる涙

CIMG4121.jpg

自分の名前入りのケーキなんていつ以来でしょうか… ちょっぴり恥ずかしくもあり、でもやっぱり嬉しかったなぷっくりハート
CIMG4126.jpg

もぐ家のリビングには、ダラス歴代のBabyが使ってきたとされる、ベビーベッドが運び込まれました。もぐ家のプリンスが、少なくとも6代目以上となるこのベッド。初代のBabyのお顔は知りませんが、既に小学校には行っているんだろうなぁ。と思うと、なんだかダラスの歴史を感じてしまう逸品です。歴代のBabyの名前でも刻んでおこうかしら…
DSCF1295.jpg

ところで今回、お祝い頂いたもはもう一つあり、それはコレです↓↓
DSCF1311.jpg

2人乗り用のベビーカーです。Babyは前にカーシートごと乗せられて、ちぃのような大きな子は後ろ。しかも、後部シートはもっとコンパクトに省略出来て、簡易ベンチになったり、立ち乗りできたりするもの。
色んなバギーを物色し、もぐパパと納得の上、購入したいねーと話していたバギー。これをお祝いとして下さいました。これにはもぐパパも驚き…というか、恐縮。 数々支えて貰い、その上、こんなにもお祝いして頂き、ママ友の素晴らしさを改めて実感する機会となりました。みなさん、本当にありがとう。


しかし、どうしてバギーを新規購入する必要があったのか… これには深ーい事情があります。もともと日本から持ってきたバギーがあるわけで、しかも3輪タイプのしっかりしたものなのです。
とはいえ、まだまだ1人で歩き続けてくれるちぃではないので、<ちぃ+Baby>を連れて、それでも外出したいというもぐの野望があってのことなので、2人乗り用は魅力的ではあったのですが、それ以外にも事情がありまして…

3か月ほど前になるでしょうか。昨年の秋、ちぃがちょっと「クランキー」な時期を迎えている時がありました。私もお腹が大きくなり始め、肉体的にも負担を感じ始めた時期。ちぃも何らか察していたのでしょうが、それに加えて、いわゆる「魔の2歳」を迎えていたというか… 事あるごとに「抱っこ」を要求されたり、外出先では泣き叫ぶほど愚図ったり。パパがいればもちろん助けて貰えるのですが、さすがに私と2人で出かけている時には、お腹の張りを堪えて抱っこすることも、また、機嫌を取るのも一苦労だったのです。

そんなある日、外出先のバギーで昼寝を始めたちぃ。ちょうどお昼時だったので、昼寝してくれていたお陰でゆっくりLunchをすることができたんですけど、目覚め後に超不機嫌に陥りまして… 泣くわ、わめくは、抱っこしてもじっとしていないわで、どうすることもできず、無理やりちぃをカーシートにくくり付け、その日の目的であった買い物に向かいました。くくり付けられたちぃは、不機嫌続きだったのですが、とりあえず食材の買い物を済ませ、荷物を乗せるべくトランクを開けた瞬間、 “唖然”… バギーが無いんです!!! そして、同時に「はっ」と思いだしました。

そうなんです… 昼寝後目覚めたちぃの世話に必至だったもぐ。ちぃをなんとか車に乗せるまでは良かったんですけど、そのままバギーを積み込むのを忘れていたのです。いつもなら、「ちぃ →バギー →出発」 って流れがあるんですけど、この日はすっかりちぃに気を取られてしまって、頭からバギーの事は全く忘れ去られていたのです。

忘れたとされる場所を去って、すでに数時間経っていたけれど、きっとまだ残っているという気持ちもあり、すぐさま戻りました。
しかし、時すでに遅し。どこを探しても見当たりませんでした。
近くに住むお友達もヘルプに駆けつけてくれ、2人で色々聞きまわりましたが、いい返事はもらえず、残念だけど家路に着きました。

既に帰宅ラッシュも始まり、陽も落ち始めた頃でした。
後部座席では、昼間のグズリは誰のことー?と疑いたくなるほど、ご機嫌なちぃ。
無邪気な態度で、なんだかんだともぐに話しかけてくるちぃ…

気づいたら、ポロポロと涙があふれてきてました。

ちぃには何も悪気はなく、ただ、私の不注意であったこと。だけど、その頃は、ちぃの世話に翻弄される日が続いていて、気持的にもブルーだった時。なにも悪くないちぃを心の中で憎らしく思った自分が辛かったり、だけど本当に肉体的にも精神的にも辛かったし、色んな気持ちがこみ上げてきて、泣きながら家に帰りました。
帰宅後、パパを迎えた時のちぃはいつものちぃで、元気いっぱいに「おかえりー」と言って、玄関までパパを迎えに行きました。その日あったことなんて、ちっとも滲ませないほどの、元気で無邪気で素直なちぃに戻ってました。
もぐには、その日あったことを詳しく話せるほどの気力もなく、またそこまで、パパも突き止めることもしなかったし、ある意味、もぐパパのやさしさだったかも知れません。

そんなこんなで、今回の新しいバギーは、もぐにとって色んな思い入れのあるバギーとなったのです。
。。。


もうすぐこの世に誕生してくるNewBaby。
たくさんの方に、こうして祝福してもらえる彼は本当に幸せ者です。

2年前、ちぃが生まれて来る時も、彼女はたくさんの方々に祝福して貰いました。
そんな彼女と同じよう、たくさんの幸せを受けて、元気にこの世に生まれてきてくれる事と願ってます。


新年初の偉業

どうもっ。お久しぶりです。

今日、年が明けて初めてのESLで、たくさんのお友達に会いました。
そして、みんな顔を合わすなり、、、、
「もうすぐねっ! もうすぐねっ!」と。。。。

本当にたくさんの方にそんな風に言われたので、「あぁーそうなんだなぁー」なんて、改めて臨月間近であることを認識した一日でした。
確かにお腹も一気に大きくなったし、ちょっと位置も下がった気が。
今回の妊娠生活では、本当に周りの方の温かさを実感する毎日で、感謝感謝の日々を過ごしているもぐであります。

そんな妊娠生活も今週で35週目に突入。
あっという間の日々だったなぁ。
まぁでもこれで終わりではなく、始まりなんですね…
しかも「お産」という大仕事がまだ残っているし。

しかし、「お産」の思いで(日本の場合は、その痛さかな)って、いつ頃忘れるんでしょうねぇ。そうじゃなきゃ、こんなこと人生に何回もやてられないですよねぇ。そう思うと、女性って凄いと思います。正直この行為(お産)、ぜーったい男性には出来ないと思います。10か月もお腹の中に子供を身ごもって、しかも最後にはそれを産み落として、そしたら寝不足の授乳生活が始まって… 世のお母様方、ほんとーに偉いですっ!!

だけど、だからこそ得られる“幸福感”もあるんですよね… じゃなきゃやってられない(苦笑)


これまた周りの方から、「もぐさんはいつから(社会)復帰するのかなぁ?」ってよく話がよく出ます。

『新生児+ちぃ…』 

うーん、考えるだけでも恐ろしいむ~っ そしたらお友達のひとりが、「生まれてから考えるってことで!」って言ってくれました。
確かにそのとーりかもですねぇ。考えば考えるほど恐ろしいので…

みなさん、私が引きこもったら、引きずり出して下さいね…ORZ


ところで、我が家のちぃですが、新年明けてのちょっとした偉業がありました。
年末から何気に使い始めた“お箸”。別に強制するわけでもなく、ランチョンマットに一緒にセッティングしてやるのですが、それが結構上手かったりするわけで、「さすがっ食べることに関しては凄いねぇー」なんて、父と母で親バカ話をしていたんですが、正月の黒豆を食べさせてみたところ、なんとも「豆」をお箸でツマメルことが判明。
これまた親バカもぐパパが、「わしがこの年齢の時には、箸は使えんかった…」と、だれに確認したのか、それともこの年の頃の記憶があるのか、、、、まぁそれはどうでもいいとして、新年初の偉業を披露したちぃでした。

DSCF1279.jpg

このやる気、継続したらいいんですけど。
なんせ、「気ままな2歳児」、侮れません。

2人でデート

この冬休みの間、もぐ&ちぃのちょっとしたお楽しみは、「お買いもの&お茶」でした。
アフタークリスマスセールを物色するべく、、、、とは言え、ちぃは学校もないし、一人っきりでと言う訳にもいかず。仕方なく怒、ちぃをバギーに乗せて、散歩がてらウロウロしてたんですけど、勿論ずーっと大人しく座っている訳もありません。なので、食べるの大好きちぃには、ローリーポップなどを堪能して頂いて、母はお買いもの。それでもいつかは飽きる。
そこで最近のお楽しみは、「お利口さんに待っててくれたら、あとからオチャしよーねーk-5」って甘い言葉。彼女なりに“お茶する♪”って言うのが嬉しいらしく、そりゃあ勿論、美味しいものを飲ませて貰えるんですから、喜ばないわけにはいかない。その上、ちょっと“大人気分”が味わえるのか、まんざらでもない様子。

メニューなんてみちゃったりして…
DSCF1185.jpg

と言っても、すでに注文済みで、お口に入ってるんですけどね…
DSCF1186.jpg

まさしく「飴と鞭」。
母の自由時間をGETするには少々出費ですが、これで大人しくしてくれているのであれば、必要な出費…かな。
でも、ちぃと2人っきりのお茶デートぷっくりハートも、もうあと1か月あるか無いか。そう思うと、母娘のまったりな時間が、とても貴重にも思えたりして。
Babyが生まれた後は、ちぃには少し淋しい思いをさせてしまうかも知れないし、ベッタリな2人時間もあと少し楽しまないとね。

相変わらず、朝起きて来ては、「今日はどこ~」なんて聞いてくる、ちぃです。

あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ“もぐ家”を宜しくお願いいたしますっ。

今年の元旦は、真っ青な空、きらめく太陽、心地よいお天気に恵まれました。
DSCF1226.jpg

新年早々このお天気で、と~っても気持ちのいい一日。今年の元日は、お友達ファミリーとの新年会で幕開けです。海外にいると(って、ダラスだからかな…?)、なんだかイマイチ正月気分に欠けてしまう。門松もなけりゃあ、御鏡さんだってないし、初詣もない… でも日本人なんだから、せっかくだし“正月気分”は味わいたいよねってことで、今年もキラキラ(オレンジ)とりあえずキラキラ(オレンジ)なんちゃって「おせち」を作ってみました。

DSCF1231.jpg
DSCF1230.jpg

黒豆・たたきごぼう・ごまめ・なます・煮しめ・出し巻き・だてまき・イクラしょうゆ漬け… そして、もぐパパご希望の「白味噌お雑煮」、以上。これにお友達が作ってくれた、栗きんとん・松風焼き・オードブルが加わって、超豪華なおせち料理の完成です~赤ダブルハート

やっぱ、ポットラックって最高ですよねぇ。手間は半分、お味は2倍~ですから。

日本にいたら、おそらく作っていないであろう「おせち」。どちらかの実家に帰省すれば、そこで有難く頂戴できますからねぇ。そういう点では、このダラス暮らし、ある意味「花嫁修業」ならぬ、「花嫁後修行」と言えるかも知れませんちょっと気まずい顔 作っているうちに色々と反省点も出てきたので、来年にはもう少し腕がUpできるかしら…
ともあれ、日本に帰国した後は、どこかのお店に注文していたりしてあせ ま、そんなもんでしょう。

2009年は“うし年”なんですね。平成で言うと21年…?
うしはダラスにもいっぱいいますから、どうせなら、年賀状の写真の一枚に、ダラスのウシでも組み込んでおけばよかったなぁと今更ながら後悔。

ウシにまたがるちぃ、今年はおねえちゃんになります。
DSCF1217.jpg





«  | ホーム |  »

« | 2009-01 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

unimogu

Author:unimogu
*******************************
2011年2月6日、もぐ家に次男坊が生まれました。
想像もしていなかった5人家族。部屋の隅から3人の子どもたちの姿を見ているとなんとなく心温まるもぐです。
が、そんな穏やかなことを言っていられるのも今のうち。坊や2人が大きくなるにつれ、もぐ家のドタバタ劇嬢は激しさを増していく予感。

もぐ家のプリンセスちぃは5歳になります。相変わらず家の中で自分が一番偉いとどこか勘違いをしています。
長男坊のたっくん。未だ弟が出来たことを理解していない様子ではありますが、ベビーを踏みつけたりはしません。踏んじゃいけないって思ってるみたいです。頑張れもぐ家の長男!


「風が吹いてもしなやかな、柳のようにあれ」と、大木のようなパパ。
しかし風が吹くごとに根っこから吹き飛ばされるもぐ。
いつでもどこでもそこが舞台、プリンセスちぃ。
周りのことはお構いなし、マイペースのたっくん。
そしてみんなから愛されるベビくん。

そんなもぐ家のお話しです。

*******************************

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Irving Weather

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。