Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boston旅行記 その④ ~ツアー~

名所の多いボストン、街を歩いているとたくさんのツアーバスを見かけました。
しかし、お金を掛けずとも、史跡をめぐる事も出来るんです。Freedom Trailといって、歩道に赤レンガとペンキで赤い線が引かれていて、これに沿って歩けば史跡を巡る事が出来るというTrailです。
“歩きに自信があれば・・・”との忠告を貰っていたので、もぐ家はチャレンジさえしませんでした。正しい選択だったと思います・・・

ということで、乗ってるだけのお気軽「ツアー」をチョイス。

い~っぱいあり過ぎて、迷うくらいなんですけど、とりあえず見た目に面白そうということで、これのツアーにしました↓↓
DSCF1184.jpg

ちょっとへんてこりんな形。実は「水陸両用バス」なのです。

バスの状態で街をガイドしてもらい、船の形になって海を楽しむ。
ちょっとワクワクしながら乗り込んだもぐ家だったのですけど・・・・

まず、乗車10分後にちぃが撃沈zzz
そしてたっくん撃沈zzz

ガイドの英語を聞けば聞くほど、ここちよい眠気が遅い、もぐ家夫婦ともに撃沈zzz

しかも、最前列の2列を我が家が陣取ったので(というかそこしか空いてなかった)、まさしくガイドさんの目の前。そこで家族4名、コックリコックリ・・・・

陸から水中に入るハイライトこそ目を覚ました私たちですが、水に出たら出たで、心地よい揺れにおそわれ・・・・

もぐ家一同、再び、撃沈・・・・ORZ

ツアーが終わってから、「ガイドさん、最前列で寝られて、気分悪かったやろうねぇ」と、夫婦で反省したのであります。。。。



さてさてもう一つ、トライしたツアーが「ホエールウォッチング」。
この時期、クジラが見えるんです。

「みんなでクジラを見に行こう~!」

ということで、これこそワクワクしながら船に乗り込んだのですが・・・

いやぁ~ 最高でしたk-5
あんなにもたくさんの、しかも至近距離で、クジラを見ることができるなんて・・・


クジラの口です
P1030899.jpg

P1030898.jpg

クジラが大きな口を開けた瞬間
P1030885.jpg

船ギリギリにクジラさんがやってきて、「船転覆させられるんじゃないか?」と思ったほど。
あっちもこっちもクジラさんだらけで、ちぃも大興奮。
初めて見るクジラさんに、鼻息荒くしていた彼女でした。

どうやらこの日はラッキーDayだったよう。普段は1~2頭しか見れないらしく、何頭も見ることができたこの日は、特別だったようです。
いや~行ってよかったぁ。

スポンサーサイト

Boston旅行記 その③ ~ミュージアム~

見るところもたくさんあるボストン。子供を連れていくのに絶好の場所だったのが、Boston Children's Museum。雨風しのげますしねぇ・・・ クーラー効いてますしねぇ。しかも、授乳室まであるんです!!
パパは仕事で不在でしたので、えっちらえっちらとバギーを押して、2人を連れて行きました。結構離れているんですけど、頑張ったら歩けます。2人用バギー押していたので、20~30分くらいかかったかなぁ。

今ふと思ったのですけど、2人乗った状態のバギーって結構重いんです。
当時たっくんが6.5kg、ちぃが12.5kg、これだけで19kgです。それにバギーの重さが加わりますから、全部合わせて…30kgはあるはず。う~ん、頑張った私。

DSCF1128.jpg

このMuseum、とてもよかったです。
子供が好きなアトラクション(?)満載。良く出来てる。パパ不在の一日、ここで十分満足できました。
DSCF1141.jpg

Museauで撮った写真。ちょっと面白いのでUpします。
我家のたっくんなんですけど、その背後に微妙に写る影。。。。背後霊ではありません。人形です。なんか、たっくんの後ろにミニたっくんが写ってるみたいで、面白くないですか?

DSCF1137.jpg


もうひとつ子連れに良い場所として、New Enbland Aquarium
DSCF1016.jpg

大阪の海遊館と同じ設計者だそう。館の真中に巨大水槽が有る辺り、海遊館と似ているなぁ~って感じでした。が、海遊館ほど新しくないので、少々古さを感じはしましたが、小さい子供を連れていくにはちょうど良い大きさかもしれません。

ちぃは、巨大水槽にべったり張り付き、泳ぐおさかなさんに興味津津だったんですけど、でっか~い魚が目の前を横切った瞬間、“硬直”・・・そして「こわーい・・・」。その後、泳ぐ魚さんには目もくれず、ペンギンだけで終始ご満悦となりました。
DSCF1038.jpg


それから忘れちゃいけない「ボストン美術館」Museun of Fine Arts, Boston
パリのルーブル、サンクトベテルブルクのエルミタージュ、ニューヨークのメトロポリタンと並ぶ、世界四大美術館の一つだそうです。正直知らなかったのですけどちょっと気まずい顔、そこまで言われると見ておかなくちゃね・・・ということで、夕方から行ってみました。結構遅くまでやっているんです。
まぁ乳幼児+3歳児連れですから、正直の~んびり鑑賞するのは無理だと思ったので、ざ~っと流し見したのですが、中学校の教科書で見るような有名どころの絵がたくさん・・・ こんなに近くに見れて、感動でした。
実は、日本でもめったに見れない日本美術もたくさん収蔵されているようで、それを楽しみにしていたのですが、残念ながら時期が悪く、それらを拝むことはできませんでした。

こんな絵の前で、おちゃらけてポーズを取る、罰当たりな2人+1名です・・・
DSCF1197.jpg

中にカフェテリアとレストランがあるので、子連れの場合は、半分見て・・・食事して・・・それから半分見てというのも、お勧めです。うちは半分見終わった時に夕食を取ってケーキを食べさせ、そして残り半分見に行きました。「飴と鞭」ですねっ。


ミュージアムとは違うんですけど、Prudential Centerという高いビルがあって、そこの50階がSkywalkという展望台になってて、ボストンの町やその周辺を眺望することができました。
DSCF1091.jpg

DSCF10901.jpg


趣ある建物ですよね~


つづく。

Boston旅行記 その② ~街並み~

ボストンの街はとても古く、イギリス文化の香りをいたるところで感じることができます。
「WalkingCity」と言うんだと、お友達が教えてくれましたが、歩いてこそ、その香りを感じられたように思います。

街を歩いて思ったのですが、去年行ったモントリオールの雰囲気にちょっと似ているなぁ~思い出しました。
あちらはフランス、こちらはイギリスですけどね。ま、普段感じることのない「ヨーロピア~ン」な空気が流れているので私にとったらとても新鮮ですわ顔(きらきら)


お洒落で歩いていて素敵だったのはNewburySt. 道の両側に素敵なブティックや雑貨屋さんが軒を連ねていて、歴史を感じさせる建物がこれまた素敵さをアップ。
DSCF1088.jpg

出来ることなら「子なし」「夫なし」でゆっくり歩いて回りたかったところです。
何故かというと、見たいところがた~くさんあったんですけどね、何せ建物が古いでしょう、半地下とか、中1階にお店があるので、ツインズバギーを押す私たちにはとても見辛かったのですよ。。。。残念です。が、どうしても行きたいお店があったので、そこだけは旦那と子供たちを店の外に放ったらかしにさせて頂きましたけど。そして、勝利品にも出会いましたし。うふハートvV


CharlesSt.も素敵なところでした。
アンティークショップやブティック、ウィンドウショッピングするだけでも楽しいんですけど、これまた「子・夫なし」で行きたかったとこですねぇ汗;

P1030903.jpg


街の歴史を感じさせる建造物はいたるところにあるんですが、親近感の沸くものでこんなものもありました

セブンイレブンです
DSCF1148.jpg

これもセブンイレブン
P1030908.jpg

これはPostOffice
P1030904.jpg


歴史を感じるわけでは無いですけど、面白かったのでついカメラを。
なぜかヤカンが看板になっている、スタバ・・・
DSCF1149.jpg


つづく。

Boston旅行記 その① ~街の散策~

ほぉ~~~ ようやくゆっくりPCに座る時間ができました。
PCには座るんですけど、メールのチェックや、処々の連絡事項で時間が過ぎ・・・ そうしているうちに、睡眠時間。たっくんの睡眠サイクルに合わせて私も生活しないと、寝る間を逃してしまうので滝涙
と思っていたら、昨夜9時に就寝したたっくん、起床は6:30でした~!! このまま現状維持してほしいと祈る気持ちです。

さて、もぐ家の最近ですが、数日前ボストンに行って参りました。
涼しかったです~。 そりゃあ、すでに35℃以上を記録するダラスからですから、その清々しさといたら格別。ちょうどボストンでは春真盛りというところでした。緑が多くて、風が心地よくて、育児疲れの溜まったわたくしには、ほんっとーにいいリフレッシュでございました。

ボストンの市街地は、徒歩で十分歩いて回れる広さ。お友達から事前に情報をGET出来たお陰で、2人の利用のバギーを持参し、えっちらえっちら街の散策を楽しんだのであります。

ボストンの中心部にある公園、Boston Commonは緑豊かでとてもいいお散歩コース。池があったりPlayGroundがあったりと、子供づれにはとても魅力的な場所。芝生に寝っ転がって本を読んだり、お弁当食べたりと、心地のよい公園でした。まぁDallasで今の季節これをやれば、ファイヤーアンツにチクンッとやられる可能性大ですね。。。きゃはー
公園の中心にはスワンボートに乗れる池があります。イメージでは、2人乗りくらいで、足でこぐボートなんだろうなぁ~って思ったら、こんなにたくさんの人が乗れるボートでした。
DSCF1076.jpg

でもやっぱり、足でこぐ原理は一緒のようです・・・
DSCF1072.jpg


公園の中に、フツーにメリーゴーランドなんかあったりしてね。素敵です。
DSCF1060.jpg



ボストン滞在中、なんどか足を運んだのがFaneuli Hall。大道芸人や、見物客でにぎわう、楽しいMarketでした。
DSCF1002.jpg

分かりますか? これ「ヒト」です。
DSCF1010.jpg

お賽銭(?!)・・・チップって言ったらいんですかね、お金をあげると動いてくれるんです。試しにちぃにやらせてみました。。。。 反応は?! ご想像通りですちょっと気まずい顔 超ビビってました。それ以来、「銅像」のたぐいを見るたびに、「うごかない?!」って聞いてくる彼女です。ちょっとしたトラウマを作ってしまったかしら・・・(反省)


Faneuli Hallの中に、QuincyMarketという市場があって、屋台や雑貨屋さんが軒を連ねてます。ウィンドウショッピングだけでも楽しく過ごせる場所でした。

DSCF1004.jpg

DSCF1109.jpg


Marketの中に、食事をするスペースがあるのですが、ここでのお勧めは何と言っても「チャウダー」ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星 何人かのお友達から言われたとおり、これは「絶品」でした。ここに行く人は、Mustで食べてほしい一品です。
DSCF1113.jpg

そして今回ボストンでちぃが覚えたものが「エビ」。今まで食べたことあったんですよ。それなりに好きでしたし。だけど、ボストンでのエビの食い付き方は今までとは違いました・・・ 子供と言えど、その美味しさは分かるんですねぇ。

「このエビ食べた~い」の図です。。。。
DSCF1118.jpg

ボストン旅行記、(暇ができたら)まだまだ続きます・・・

«  | ホーム |  »

« | 2017-04 | »
San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

unimogu

Author:unimogu
*******************************
2011年2月6日、もぐ家に次男坊が生まれました。
想像もしていなかった5人家族。部屋の隅から3人の子どもたちの姿を見ているとなんとなく心温まるもぐです。
が、そんな穏やかなことを言っていられるのも今のうち。坊や2人が大きくなるにつれ、もぐ家のドタバタ劇嬢は激しさを増していく予感。

もぐ家のプリンセスちぃは5歳になります。相変わらず家の中で自分が一番偉いとどこか勘違いをしています。
長男坊のたっくん。未だ弟が出来たことを理解していない様子ではありますが、ベビーを踏みつけたりはしません。踏んじゃいけないって思ってるみたいです。頑張れもぐ家の長男!


「風が吹いてもしなやかな、柳のようにあれ」と、大木のようなパパ。
しかし風が吹くごとに根っこから吹き飛ばされるもぐ。
いつでもどこでもそこが舞台、プリンセスちぃ。
周りのことはお構いなし、マイペースのたっくん。
そしてみんなから愛されるベビくん。

そんなもぐ家のお話しです。

*******************************

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Irving Weather

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。